住宅ローン審査は複数の銀行に同時に申し込んでもいいの?

住宅ローン審査を申込む時に、落ちるのも心配だから複数の銀行に審査を申込みたいなーと思ってる方。

住宅ローン審査って複数の銀行に申し込めるの?と不安になっていませんか?

僕はマンションを購入した時に、住宅ローンを複数の銀行に依頼しました。

その経験を踏まえて、複数銀行に審査を依頼するメリットや注意点をご紹介していきますね。

複数銀行に申し込んでも問題ない

結論は、住宅ローン審査は複数の銀行に申し込んでも問題がないということです。

むしろ複数の銀行を比較した方がいいので、複数の銀行に同時に審査依頼をした方がいいです。

複数銀行に審査を申込むメリットは?

比較できる

見積もりを取るときは、相見積もりが大切です。

複数の銀行に審査を依頼することで、審査が通る銀行もあれば、落ちる銀行も出てくるでしょう。

審査が通った銀行の中で、金利や団信の内容を比較することができます。

1番良い条件を選べる

複数のローンを比較した後は、自分の返済プランや保険の内容を考慮しながら、1番有利な条件のローンを選べます。

特に金利については、0.5%でも影響が大きくなるので、計算することが大事です。

複数の銀行に申し込む時の注意点

本審査には期限がある

住宅ローンの本審査が通ると、実際にローンを依頼するかどうかを決める期限が設定されます。

期限までに申込みを行わないと、もちろん住宅ローンを借入ることはできません。

ブラックリストにのる?

住宅ローンの審査に落ちると、審査に落ちたことが自分の信用情報に載ることになります。

あまりに多くの銀行に審査を申し込んで落ちた場合は、ブラックリストに載る?という噂もあります。

多くても5つの銀行ぐらいに絞って審査を依頼すれば、全然問題ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です