住宅ローンの在籍確認とは?

 住宅ローンの審査中に、在籍確認ということを行う必要があります。

在籍確認って聞いたことはあるけど、実際にどうやって対応したらいいのか不安な方に向けて、

中古マンションを買って住宅ローン審査に通った僕の経験から、対応策をご紹介します。

住宅ローンの在籍確認とは?

住宅ローンの在籍確認とは、住宅ローンの申込時に提出した資料の中で、自分が在籍している会社に実際にいるかどうかの確認のことです。

多くの銀行で多いのが、電話による在籍確認です。会社に銀行から電話がかかってきて、名前や住所確認をされます。

僕の在籍確認は電話で1分以内に終わりました。

住宅ローン審査の在籍確認のタイミングはいつなのか?

僕がりそな銀行で住宅ローンの申込を行った時、在籍確認は、本審査を申込んだ後に審査の最終段階として行われました。

他の銀行でも同じタイミングで在籍確認が行われるようです。

住宅ローンの在籍確認を休職中の場合どうするのか?

銀行の担当者に休職している理由と、休職のため在籍確認ができないことを事前に伝えることが必要です。

在籍確認は、前年の源泉徴収票の会社に本当に勤めているかを銀行は確認したいだけなのです。

ただ、休職理由によってはネガティヴに銀行に判断されることもあるため、審査に影響する可能性があります。

出向中の在籍確認はどう対応するのか?

子会社に出向になっている時に住宅ローンの在籍確認を行うときは、出向先に電話がかかってきます。

住宅ローンの提出書類に会社名を書きますが、出向中の場合は、出向先の情報も書く必要があります。

銀行のローン担当者に確認するのが1番なので、出向中の方はそんなに心配しなくていいですよ。

在籍確認は審査の最終段階?その後やる事はるのか?

在籍確認は審査の最終段階なので、これが終わると審査結果の連絡が届きます。

在籍確認が取れてると、基本的に審査に落ちることはないと思っても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です