転職したばかりで住宅ローンの審査は通るのか?[実体験を紹介]

住宅ローン 転職

転職したばかりなので、住宅ローンの審査の通るか不安に思っていませんか?

僕もつい最近、転職後1年未満で住宅ローンの審査を申込み、審査に合格しました。

しかし、転職したばかりだと、勤務年数で不利に判断される銀行もあったのは事実です。

今回は転職してすぐに、住宅ローン審査に受かった方法をご紹介します。

転職したら住宅ローン審査は通りにくいのか?

転職したばかりで、勤続年数が1年未満だと住宅ローンの審査は厳しくなります。

住宅ローンのお金を貸す側の銀行は、返済してくれるかどうかの安心を求めます。

転職したばかりだと、その会社をすぐに辞めるのではないか?と審査の目も厳しくなるので、審査が厳しくなる傾向があります。

関連記事:住宅ローンの勤続年数 短いと審査に通らないのか?

転職回数が多いと不利になる?

転職回数が多いと、住宅ローンの審査には不利になります。

その理由は、職を転々としているので、安定した収入が得難いと銀行に判断されてしまうからです。

しかし、キャリアアップの転職が当たり前になってきている社会において、転職回数が多い方も実際おられます。

そんな方は、銀行の担当者に対して転職理由を丁寧に説明することが大切です。

実際に僕は住宅ローンの事前審査で落ちており、そのときは転職回数が原因だと言われました。詳細は下記の記事で書いてますので参考に。

関連記事:住宅ローンの事前審査(仮審査)に落ちた原因と実際に行った解決策は?

住宅ローン返済中に転職した場合

住宅ローン審査に通った後に、転職する場合は、再度住宅ローンの審査は必要なのでしょうか?

住宅ローン返済中に転職した場合は、転職先の会社情報などを銀行に連絡すれば、再審査が行われる可能性は低いです。

転職前に住宅ローン審査をするのがベスト

住宅ローンと転職を今後考えてる方は、可能な限り転職前に住宅ローン審査をするのが、審査が通りやすいのでオススメです。

僕は転職後1年未満に住宅ローンを申込んだのですが、ネット銀行のローン審査には、会社の在籍年数が理由で落とされました。

まとめ

結論を言うと、住宅ローンを組むことを検討している段階では転職はしない方が安全ということです。

しかし、転職をしたからといって住宅ローンを借入ができない訳ではありません。リスクを取って転職する時期かどうかの判断は、自分の状況をよく考えた上で行ってくださいね。

関連記事:住宅ローンについて学べる本 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です