IPO株とは?そのメリット・デメリットとは?

IPO株

インデックス投資家のもりぞーです。投資信託メインな僕ですが、株ではIPO株で資産を作っています。

今回はIPO株とは何なのか?という話とメリット・デメリットについて考えていきたいと思います。なぜIPO株が人気なのかと疑問に思っている人にぜひ読んで欲しいと思ってます。

IPO株とは?

IPOというのは、Initial Public Offeringの略称です。日本語でいうと「規公開株」や「新規上場株式」と呼ばれるものですね。

株式とは市場に上場することで一般の人が購入することが出来る仕組みです。今まで未上場だった企業が、証券取引所に上場する時に、IPO株というのが発売されます。

上場することで多くの人に会社を知ってもらうことができ、上場企業という社会的な信用も獲得することができます。そうすることで、より資金調達をしやすくなるのです。

IPO株のメリットとは?

IPO株を買う一番のメリットは、利益を出しやすいという理由です。

IPO株は上記で説明した通り、会社が証券取引所に上場することで、投資家から資金調達をすることが一番の目的です。

IPOの場合は、公募価格という投資家に買ってもらいやすく設定された価格になっている為に、上場した時に値上がりしやすい傾向があるんです。

IPO株のデメリットとは?

公募割れのデメリット

IPO株の1つ目のデメリットは、「公募割れ」することです。

公募割れとは、企業が上場した時の「初値」が「公募価格」より下回ることです。

例えば、「公募価格」1,000円で購入していた株が、「初値」では900円しか値がつかなかった場合です。

価格の変動が大きい

IPO株のデメリットは、投資全てに言えることですが、上場時に値下がりするリスクもあることです。

IPO株の上場時の値上がり率は値下がり率よりも過去を見れば高いですが、自分が買うIPO株がどちらになるかは買ってみないと分かりません。

このリスクを知って、IPO株を買うようにしましょう。

抽選で当たらない

IPO株の3つ目のデメリットは、抽選でしかIPO株は買えないことです。IPO株はお話した通り値上がり率が高い株です。そんな株はみんな欲しいですよね?

そんな希望を砕くように、IPO株は抽選方式が取られています。こればかりは運に頼るしかないですが、抽選確率を上げる方法はあります。

IPOで当選率を上げる方法とは?

複数の証券会社に口座を作る

まずは証券口座の口座を持っていないことにはIPOに参加できません。

証券会社の口座を持ってない方は、まずは今回紹介するオススメの証券会社でIPO用の口座を作りましょう。

SBI証券

マネックス証券

SMBC日興證券

IPO株はいつ売ったらいいのか?

IPO株の上場時の値上がりを狙っていくなら、上場日に売却するのが正攻法でしょう。

しかし、上場後も伸びていく株もあるので、上場日が必ずしもベストな売却日とは言えないでしょう。これは個人の株式との付き合い方によるので、一概に正解はありませんね。

個人的にはリスクを取りたくないので、上場日にIPO株は売却するようにしています。

IPO株の情報はどこで得るのか?

昔インターネットがなかった時代には、証券会社の営業マンからの情報しかIPO情報を個人が取得するのは難しい時代でした。

しかし、インターネットとネット証券の普及のおかげで、IPOに取り組むことの敷居がかなり低くなったのは間違いありません。

そんなインターネットをフル活用して、IPOの情報を得るのが一番賢い方法だと思います。そんなオススメのIPOのWebサイトを紹介させて頂きます。

IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!

IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!は投資情報雑誌のZAiのオンラインサイトが特集しているIPOに関する情報を得ることができるものです。

庶民のIPO

庶民のIPOはIPOのスケジュールや、IPOのカレンダーツールなどを提供してくれ、IPOの銘柄の分析を管理人の方の目線で行っているサイトです。

まとめ

IPO株についての基本はわかりましたか?株という言葉を聞いて恐れてしまう前に、IPO株がどういうものかを理解して、自分のリスクで許容できるものか判断しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です