ジュニアNISAとは?そのメリットとデメリット

ジュニアNISA

インデックス投資家のもりぞーです!

今回はジュニアNISAって何?と疑問に思ってる人や、ジュニアNISAを始めようか迷っている人にとって、どのようなメリット・デメリットがあるのか紹介させて頂きます。

特に、ジュニアNISAってどんな人が使った方がいいのかについて説明できればと思います。

NISAに制度についてまだ分からないことが多い方は、NISAおすすめ本で知識をつけて、運用を開始した方がいいですよ〜。

ジュニアNISAとは?

ジュニアNISA(ニーサ)は、2016年に始まった税金の非課税制度です。対象者は、未成年者(0歳〜19歳)で、年間80万円の投資枠があり、そこで得た株式や投資信託の譲渡益などの利益が非課税となります。

ジュニアNISAの口座開設方法

ジュニアNISA
 

口座開設について

対象者 日本在住で0歳〜19歳
必要書類 マイナンバー
金融機関変更 不可
 

 

取引について

取引主体者 口座名義人(本人)または親権者
非課税投資枠 80万円/年
非課税期間 最長5年間
非課税制度期間 2023年(平成35年)まで
対象商品 上場株式、投資信託
払出制限 18歳まで払出不可

上記の表で赤字になっているのが、ジュニアNISA特有の制度内容となります。普通のNISAとはこのような点が違ってくるので、始める前には必ず確認しておきましょう。

ジュニアNISAのメリットとは?

節税メリット

ジュニアNISAも税金の非課税制度なので、ジュニア口座で運用した株や投資信託の配当益や譲渡益などの税がかかりません。

政府もオススメの制度なので、胸を張って節税が出来ます。

非課税期間の延長

2017年時点では、ジュニアNISAの制度終了は2023年となっています。つまり、今から6年以内に子供がいないと利用できない制度です。(これを延長する議論もあるそうですが)

しかし、制度終了の2023年以降も子供が20歳まで非課税制度を維持できる「継続管理勘定」に移管すれば、非課税期間を延長することができるんです!

子供の教育資金作り

子供の教育費は僕らの親世代は学資保険で貯めるというのが固定概念でした。しかし、現在の学資保険の利益率は悪く、個人的には学資保険は良い選択肢だと思ってません。

その学資保険ではない子供の教育資金の作り方が、ジュニアNISAの活用だと思っています。

ジュニアNISAは払出制限があり、18歳まで引き出すと課税対象になることは先ほどご紹介した通りです。

しかし、この払出制限がなぜあるのかと制度の背景を考えると、18歳からは多くの子供が高校を卒業して、大学に入学したり、専門学校に入ったり、就職します。

そんな子供を経済的に支援しやすくする制度がジュニアNISAなのではないでしょうか?

ジュニアNISAのデメリットとは?

元本保証がない

ジュニアNISAはあくまで投資なので、元本が保証されない商品があります。

元本保証がされている預貯金型の銘柄以外は、基本的に元本割れのリスクもあることを前提として、運用を開始するべきです。

運用損が出る可能性もある

元本保証がないということは、運用損が発生する可能性もあります。

ジュニアNISAで子供の学資金として運用していく場合、あまりにも高い利回りを期待していても、運用損が出て教育資金が足りない・・・

なんてことは無いように、無難な利回り設定をするポートフォリオにするのが大事です。

子供が18歳までになるまではNISA口座のお金は払出不可になる。

払出することは可能なんですが、18歳までに払出した時は、その時に出ていた譲渡益や配当利益に対して全てが課税対象となってしまいます。

金融機関の変更が不可能

普通のNISA口座は金融機関の変更が可能なんですが、ジュニアNISAでは変更ができません。

普通のNISA口座では、最初マネックス証券に作った口座をSBI証券に途中で変更することが出来ます。

しかし、ジュニアNISA口座では、口座を廃止する処理をしなければ新しい金融機関でジュニアNISA口座を作ることが出来ません。そして、口座廃止の際に利益が出て入れば、それは課税対象となってしまいます。

損益通算ができない

これは普通のNISAと同じですが、ジュニアNISA口座で出た損益は他の特定口座で発生した損益と損益通算することができません。

ジュニアNISAってどんな人が活用すればいいのか?

ジュニアNISAを活用すべき人は、自分のNISA口座の非課税枠を全て使用した後に、まだ投資にまわせる余剰資金がある人が活用すべきです。

普通のNISAと比較すると、ジュニアNISAは制限があります。

それゆえ、まずはNISA口座の非課税枠を最大限に利用した方がいいでしょう。

ジュニアNISAにおすすめの証券会社は?

ジュニアNISAにおすすめな証券会社を選ぶ基準は、親が使用している証券会社と同じ証券会社にすることをおすすめします。

口座管理も楽ですし、口座の管理画面の操作も慣れているものがいいからです。

僕が個人的に使用している証券会社は下記になるので、おすすめの証券会社として紹介させて頂きます。

SBI証券
楽天証券

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です