つみたてNISAとは?そのメリットと投資対象者

インデックス投資家のもりぞーです。2018年から積立NISAが始まりますね。

インデックス投資家の方々は、現行NISAのままいくか、積立NISAに変更するか色々と悩んでいるかたが多いと思います。

今回は積立NISAと現行NISAを比較しつつ、どのような人が積立NISAに向いているのかを考えていきたいと思います。

つみたてNISAとは?

積立NISAとは少額投資非課税制度の事です。

少額投資非課税制度とは簡単に説明すると、投資で得た収益にかかる税金20.315%%を課税しませんよということです。

「長期投資」、「分散投資」、「積立投資」という投資スタイルをより多くの日本人に実行させるような金融庁の戦略のような感じもしますね。

つみたてNISAはいつから始まるの?

積立NISAは2018年1月から開始されます。

つみたてNISAの投資対象は?

つみたてNISAの投資対象銘柄は、前提として金融庁からの一定の基準を満たした銘柄のみ販売してとよいと決めています。

アクティブファンドではなく、対象商品はインデックス型の投資信託が中心になっています。

また、毎月分配型の投資信託はは対象外ということです。

つみたてNISAと現行NISAの違い

年間の投資枠

つみたてNISA:40万円/年
現行NISA:120万円/年

税制優遇期間

積立NISA:20年間
現行NISA:5年間

最大非課税枠

つみたてNISA:800万円
現行NISA:600万円

つみたてNISAと現行NISAの2つの制度を同時に使うことは当面できないそうなので、これは絶対に注意しておきたいポイントですね!

つみたてNISAのメリットとは?

1:投資期間が長いのでドルコスト平均法でリスク軽減が可能

2:金融庁の審査が通ったファンドでの運用(運用結果は神のみぞ知るですが)

3:手間がかからない

つみたてNISAのデメリットとは?

1: 元本割れのリスクがある

つみたてNISAの銘柄の中には、元本保証型の預貯金タイプのものもありますが、それ以外は元本が保証されていない銘柄です。

元本保証が無い銘柄を選ぶと、自分が投資した元本よりも、下値になるリスクが出てきます。

元本割れしないためには、長期で分散投資を行い、そのリスクを減らしていきましょう。

2: 投資対象の銘柄が既に決まっている

つみたてNISAの投資銘柄は、上記で説明した通り、金融庁の審査が通った銘柄だけが販売されています。

そして、現在は投資信託かETFから銘柄を選ぶ必要があり、株やREITなどには投資することが出来ません。

つみたてNISAはどんな人に向いているのか?

日々忙しくて、投資の時間を取れない人

100円や1,000円/月の少額からでも投資を始めたい人

税制メリットを活かしたい人

投資信託を始めたいと思ってる人

NISAの制度をまだ活用してない人

つみたてNISAについて学べる本

つみたてNISAってどんな制度なんだろう?とまだまだ疑問が多い人には、一度本などで基礎知識をつけるのがオススメです。

NISAのオススメ本をまとめてるので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

つみたてNISAについては少し分かりましたでしょうか?

つみたてNISAに向いている方は、投資信託初心者の方で、長期投資を検討できる年齢の方です。

2018年1月からスタートということですので、これからも新たなニュースが増えてくると思いますが、また紹介していきますね。

NISA制度とともに、税制メリットが高いのがiDeCoです。こちらもぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です