NISA(ニーサ)おすすめ本(2019年最新版)

nisa

NISA(ニーサ)って始めたいけど、仕組みやメリットがわからないって方は、ネットに様々な情報が載っていて、どれが正しいか分からないですよね?

そんな時はNISA(ニーサ)について書かれた本を読むことをオススメします!

今回は僕が実際に読んで参考になった、NISA(ニーサ)おすすめ本をご紹介します。

NISAを株式投資に利用したい方は、初心者にオススメな株の本も参考にしてみてください。

パパッとできるNISA はじめての投資 (中経出版)

NISAの仕組みを知らない方にオススメの本です。NISAとは何か?ということ事から、NISAの申し込み方法まで丁寧に説明されています。

NISAでどのような銘柄を運用していけば良いかという情報は載ってませんので、それは下記で紹介する本を参考にしてみてください。

税金がタダになる、おトクな「NISA」活用入門

税金がタダになる、おトクな「NISA」活用入門は、NISAの制度について初心者が分かりやすいように図解で説明があります。

NISA口座だけでなく、投資信託や税金対策についても触れらているので、参考になる本です。

株で儲けるためのNISA徹底活用術 (NISAで投資を始めよう!)

株で儲けるためのNISA徹底活用術(NISAで投資を始めよう!)は、NISAがどのような制度なのかを分かりやすく説明された本です。

本の後半は投資信託や株式投資の話もあるので、NISA口座をどのように運用するかを決める参考になります。

一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門

ファイナンシャルプランナーの竹川 美奈子さんの著書です。投資信託をやってない方にもおすすめな本ですが、投資信託をNISA口座で運用することにも述べれてますので、投資初心者の方に特にオススメの本です。

最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!

セゾン投信の社長である中野 晴啓さんの著書です。この本のすごいところは、自社のセゾンバンガードの銘柄を宣伝する本ではなく、他の会社の投資信託を中尾さん自身が勧めているところです。

投資信託をNISA口座で運用してみようと思ってるが、どの銘柄がいいか分からない方は、どういう基準で投資信託を選んだらいいかの参考になる本です。

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活は、2017年上期にベストセラーなった積立投資に関する本です。

投資信託も100円から始めれる時代になり、多くの方が気軽に投資を始めれる時代となっています。しかし、投資=危険というイメージがまだまだ日本にはあるので、この本で投資が身近なものだと認識することが出来ます。

まとめ

NISA(ニーサ)おすすめ本を参考にして、ぜひNISA口座をうまく活用していきましょう。

2018年からは新しい制度の、つみたてNISAが始まります。現行のNISAとは併用が不可の制度なので、どちらが自分にとってメリットがあるかも勉強していく必要がありますね。

NISAを始めようと決めた方は、どのような銘柄に投資するかも決める必要があります。また、お子さんがおられるかたはジュニアNISAも検討してみましょう。

投資信託オススメ本では、投資信託の銘柄を決める際に役立つ情報が載っているので、参考にしてくださいね。

また、iDeCo(個人型確定拠出年金)をはじめたい人におすすめの本ではiDeCoについての基礎を知ることができるので、ぜひ読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です