NISA(ニーサ)とは?その仕組みとメリット

NISA

インデックス投資家のもりぞーです。2018年から積立NISAも始まるので、一度NISAの制度とメリットについてまとめておきます

まだNISA口座を作ってない方は、ぜひNISAの制度を把握して、無駄な税金を払わないようにしていきましょう。

NISA(ニーサ)とは?

NISAとは”Nippon Individual Saving Account”という英語名の略称で、日本語では「小学投資非課税制度」と訳されています。

2014年1月から始まった税の軽減のための制度で、NISA口座から購入した株式や投資信託の配当金及び売買益等が非課税になる制度です。

逆に言えば、この制度の前までは、株や投資信託を買うとその値上がり益や売買益に対して全て課税されていたという事です。(現在もNISA口座以外では課税されますのでご注意を)

NISA(ニーサ)の対象者は?

日本に住む20歳以上の人が使える制度となっています。1月1日時点で満20歳になっていれば加入することが可能です。

0歳〜19歳の人にはジュニアNISAという制度があるので、それは別途ご紹介出来たらと思ってます。

NISAのメリットとは?

NISAのメリットは何と言っても、20.315%の税金を非課税にできることです!

普通に上場株式や株式投資信託を購入した時は、先ほど述べたように配当金や売買益に対してこの20.315%の税金がかかります。

例えば、株式を100万円で購入して、120万円に値上がりしたとします。この120万円の株式を売却する時に、20万円の値上がり益に対して20.315%課税されるということです。

金額にして約2万円ほど税金で取られるということになります。

NISA口座ではこの税金を払わなくて良いというのが最大のメリットです。

NISA(ニーサ)の非課税期間は?

NISA(ニーサ)の非課税期間は投資を開始した年から最長5年間となってます。

この最長5年間というのはややこしくて、厳密に言うと購入した年を含めて5年後の12月末まで非課税期間となり、この期限までに売却しない場合は、6年目の非課税枠に持ち越せることになってます。

NISA(ニーサ)の非課税枠は?

NISA(ニーサ)の非課税枠は1年間で120万円となります。1年間のうちにいつ購入しても、120万円の範囲内は非課税の対象です。

このNISA口座ですが、2018年〜2023年までしか口座開設が出来ません。おそらくそれ以降は、2018年から始まる積立NISAに一本化されるのだろうと噂されています。

2018年から始まる積立NISAとは?

2018年からは積立NISAという新しい制度が始まるのが決定しています。どういう銘柄が投資対象になるかはまだ決まってません。

注意点としては、現行のNISAと積立NISAの併用はできないということです。

詳しくはこちらの記事でまとめてますので参考に。

つみたてNISAとは?そのメリットと投資対象者

まとめ

NISA(ニーサ)をまだ始めてない人はぜひこの機会に始めてみましょう!NISAを始めるということは、投資を始めるということです。

今後日本では投資をしているかどうかによって、生涯の可処分所得がかなり違ってきます。少しでも税金で損をしないためにも、使える制度はガンガン使っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です