ソーシャルレンディングの正しい選び方:利回り徹底比較

ソーシャルレンディングって何?儲かるの?

と疑問に思ってる方に向けた記事です。

ソーシャルレンディングのメリット・デメリットを説明し、実際に僕が運用した実績もご紹介します。

ソーシャルレンディングとは何か?

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人(借り手)と貸したい人(投資家)をマッチングするサービスです。

ソーシャルレンディングのメリット

利回りが高い

ソーシャルレンディングのメリットはやはりその利回りの高さです。

5%から10%を超える案件もあります。

定期預金の利回りが大手銀行で0.02という時代なので、利回りの高さが全く違います。

少額から運用が可能

ソーシャルレンディングの提供会社によって若干違いますが、最低1万円ぐらいから投資が可能です。

投資信託が100円から投資開始できるのと比較すれば1万円は高いですが、株を買うより断然ましです。

手間がかからない

ソーシャルレンディングは市場の影響(為替、株価など)を受けないため、手間がかかりません。

一度お金を預け入れると、後は運用期間が終了するまで待つだけです。

短期の運用が可能

ソーシャルレンディングは後で説明する貸し倒れのリスクがあるため、投資期間は短いものが安心です。

数ヶ月から1年程度の運用期間の案件もあるので、最初は運用期間が短めのものから挑戦してみましょう。

ソーシャルレンディングのデメリット

元本保証がない

ソーシャルレンディング運営会社の倒産リスクがあり、その場合預け入れた元本は保証されません。

途中解約は不可能

一度預け入れたお金は、契約期間が終了するまで途中解約が不可能です。

緊急時にまとまったお金が必要になった時に備えて、余裕資金だけで運用管理すりようにした方がいいですね。

ソーシャルレンディングおすすめサイト

maneo

maneo

maneoは業界シェアNo1のソーシャルレンディングサイトです。

maneoマーケット株式会社が運営をしており、2008年10月に日本で初めてソーシャルレンディングサービスを始めたのがmaneoとされています。

2017年10月現在では、登録者数が5万人を超えており、成立ローン額も863億円を超えるほどとなっています。

アメリカンファウンディング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です