楽天・全米株式インデックス・ファンドとは?どんな人にオススメなの?

楽天・全米株式インデックスファンド

ETFのVTIをコツコツ手動で買ってきた僕にとって衝撃的だったのが、今回紹介する「楽天・全米株式インデックスファンド」の発売でした。

低コストなインデックスファンドを米国株中心に運用したいという方に一番オススメしたファンドとなります。

VTIを検討している方は、VTIの自動積立を行い方は、ぜひこの「楽天・全米株式インデックス・ファンド」をポートフォリオに追加して下さい。

楽天・全米株式インデックスファンドとは?

楽天・全米株式インデックスファンドは米国のETFバンガード・トータルストック・マーケット(VTI)という銘柄を購入していく銘柄となります。

これまでは、VTIと同じベンチマークを使用する投資信託はなかったので、楽天証券が発表したときは衝撃的でした。

今までVTIは海外株式用の口座作って買う必要がありましたが、その手間が必要なくなりました。

信託報酬:年率0.1696%

信託財産留保額:なし

楽天・全米株式インデックスファンドのベンチマーク

CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)をベンチマークにしています。

米国株式の小型から大型株を対象として、投資可能な銘柄約4,000銘柄を全てカバーしています。

楽天・全米株式インデックスファンドのメリット

・積立投資ができる
・手間がかからない
・手数料が安い

どのような人におすすめか?

・ETFの自動積立を行いたい
・低コストで米国株の投資を行いたい
・VTIに興味がある、すでに運用している
・為替差損益を考えたくない

上記に当てはまる方は、今回の「楽天・全米株式インデックスファンド」を運用するメリットがある方です。

楽天・全米株式インデックス・ファンドの運用実績

2017年12月3週目の運用実績

損益:424.77円
損益(%):+1.42
評価額:30,425.93円

楽天・全米株式インデックス・ファンドの値動き

楽天・全米株式インデックス・ファンドの値動き

iFree S&P500インデックスとの比較

楽天・全米株式インデックス・ファンドが購入できる証券会社

SBI証券
楽天証券
マネックス証券

まとめ

楽天・全米株式インデックスファンドに興味は持てましたでしょうか?もっと情報を知りたい方は、初心者必見の投資信託おすすめブログから色々な情報が得られるので、ぜひ一度みて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です