サカイ引越センターにお願いしたら20万円ほど節約した実話

みなさんこんにちわ!京都出身30歳のもりぞーです。2017年の3月に奈良から神戸に引っ越すことになり、引っ越し業者の見積りを取りました。毎年3月後半は引っ越しのピークシーズンなので、引っ越し業者も強気です。

今回はサカイ引越センターにお願いしたら、見積りより20万円ほど安くなった件についてご紹介します。

引越しの相見積を行う

引越の相場って素人には分かりませんよね?特に引っ越し初めての方にとっては、価格がどのくらいになるか全く想像がつかないと思います。

引っ越しが決まったらまず行うことは、「相見積」を数社の引っ越し業者に依頼することです。商売の基本ですが、相見積をすることで、ある程度の相場観は分かってきます。

僕は今回の引っ越しで4回目ぐらいだったことや、前の仕事で運送会社と連絡することがあったので、価格が決まる要因がある程度理解できていました。(特に最近は引っ越し業者の忙しさが話題になることが多いので、そういう背景も理解していました)

今回僕は、アリさんマークの引越社、ハート引越センター、サカイ引越センターの3社にに相見積をお願いしました。(今回は単身ではなく、家族パッケージだったので、この3社しか選択肢がありませんでした)

引越業者の現地確認

相見積を依頼した後は、各社から現地確認の日程調整の電話が一気にかかってきます。

現地確認をしないと具体的な見積りを出せないということなので、それぞれ引越用の荷物の量を確認するための現地確認の日程を決めました。

サカイ引越センターが一番早い日程で現地確認が決まりましたので、サカイの担当者が家に来られました。

サカイ引越センターの現地確認

サカイ引越センターの営業の男性が現地確認に訪れました。若干体育会系の感じはしたのですが、礼儀正しい方でした。

まずは簡単に荷物の量を一緒に確認しました。うちは3LDKの二人暮らしだったのですが、そんなに荷物はないと言われました。

サカイ引越センターの見積り結果

サカイ引越センターの担当者曰く、例年3月の3周目から4月2周目は繁忙期で、引越料金も一番高くなるそうです。

3月3周目で最初に出てきた見積もりが、22万円!!とこれには驚きました。

しかし、1週間前に引越出来ればかなり安くなると、少し怪しい話を信じて価格を聞きました。

そして出てきた答えが、

3万円7千800円!!

これってどう思いますか?正直最初の見積もりは騙されたのかと疑ってしまうぐらいでした。

サカイ引越センターの交渉

最終価格に合意する前に、他の相見積をお願いしてた引越業者にその場で電話して、サカイ引越センターに決めましたと電話するよう言われました。

このやり方は商売としてありですが、何か嫌な気がしましたね。

まとめ

引越をお願いするときは相見積が大事ですが、季節によってはかなり高額料金になる時もあるので、その時は思い切って交渉と決断することも大事だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です