中古マンション購入の前に知っておきたいこと

子供が生まれるので、中古マンションの購入を検討してます。しかし、新築マンションか中古マンションのどちらがいいのかを本当に悩んでいます。

そんな中、中古マンションが価格的にはやはりリーズナブルなので、中古マンションについてもっと知りたいと思い自分なりに調べてみました。

中古マンションのメリット

新築マンションよりも価格が安い

中古マンションは新築マンションよりも価格が安い物件が多いです。新築マンションはその価格に広告費などが含まれているため、どうしても割高になってしまいます。

新築マンションよりも多様な物件がある

購入後の価格下落幅が少ない

購入前に物件を内覧することができる

中古マンションは既に建物ができているので、マンションの内覧をすることができるのがメリットです。

実際に部屋の中身を見ないとわからないことは多いので、新築マンションのモデルルームだけを見て決める場合と比較すると、中古マンションは購入前と購入後のギャップは少ないと言えるでしょう。

リフォーム・リノベーションで自分の好みの部屋にできる

中古マンションは購入価格を新築マンション購入より抑えることができるため、その費用の一部をリフォームやリノベーション費用に充てることが可能です。

キッチンのリノベーションについては、キッチンのレイアウトの知識を持っておくことが重要です。

中古マンションのデメリット

仲介手数料がかかる

物件価格×3%+6万円×1.08(消費税)が一般的な仲介手数料の相場となります。

新築住宅に対する固定資産税の軽減措置が受けられない

設備が古い場合がある

修繕計画がおろそか

中古マンションでは、マンションの状態をよく保つために、管理組合で修繕計画がたてられているはずです。

しかし、修繕計画がうまくされていない管理組合もあるので、購入前に不動産業者経由で修繕計画について聞いてもらいましょう。

中古マンションの購入の流れ

情報収集

中古マンションの情報は都度更新されるため、中古マンションの購入を検討している人は頻繁に情報をチェックしておくのがいいです。

資金計画

キャッシュフロー表を作成する

返済負担率は25%以下

物件探し

希望の条件と優先順位を決めておく。地域、価格、間取りなどの物件に対する希望があると思いますが、人によって優先順位は異なります。

優先順位をある程度決めておくことで、物件を比較するときに役立ちます。

中古マンション購入で気をつけたいこと

マンションの管理はしっかりしているかどうか

修繕積立金

築年数が増えれば増えるほど修繕積立金が高くなります。

中古マンション選びのオススメ本

中古マンション本当にかしこい買い方・選び方

中古マンション本当にかしこい買い方・選び方は、中古マンションにネガティブなイメージを持っている方に一度読んでみてほしい本です。

中古=不安という図式を変えてくれるので、新築か中古どちらが良いのかを客観的に判断できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です