WealthNavi(ウェルスナビ)とは?

ロボアドバイザーサービスもかなり知名度があがってきて、どのロボアドバイザーサービスを利用するか迷っている方も多いでしょう。

今回はSBI証券から申し込める、WealthNavi for SBI証券についてお話ししたいと思います。特に、ウェルスナビとの違いは何かについてご紹介できたらなと思っています。

ウェルスナビとは?

国際分散投資をロボアドバイザーと呼ばれるシステムで自動化して、投資家に最適なポートフォリオを自動的に作成してくれるサービスです。

日本では他に「THEO」などのロボアドバイザーが有名です。

このロボアドバイザーは、AI(人工知能)や機械によって自動的に投資家のプロファイル(人物像)を分析して、その人に最適な投資を自動的に資産運用を行ってくれます。

ウェルスナビの手数料は?

ウェルスナビの手数料って実際どのくらいかかるのでしょうか?

預かり資産の評価額の1%(3000万円まで)

預かり資産の評価額の0.5%(3000万円以上)

ウェルスナビの手数料の計算方法

ウェルスナビの手数料の計算方法は下記のような計算式となっています。

【1日分の手数料の計算式】:計算日の時価評価額×1%(手数料率)÷365×1.08(消費税)

毎月の手数料ってどのくらいなのか?

ウェルスナビ毎月の手数料

2018年の3月にかかった手数料は357円でした。現状の預かり資産が40万円ぐらいなので、1%の手数料だと300円〜400円/月かかっています。

ウェルスナビの手数料って高いのか?

預かり資産の評価額の1%というのは、手数料としては高いのでしょうか?

ETFやインデックス型の投資信託の銘柄が0.2%ほどの競争力ある手数料になってきたことを考えると、1%の手数料は高いかもしれません。

しかし、ETFは自動積立が出来ないことや、リバランスを自分で行わなければいけないことを考慮すると、1%は手間賃として安いとい感じる方も多いかもしれません。

つまり、自分でEFFを運用する時間があってリバランスなどの処理をきちんとできる知識がある方には手数料は高いが、それ以外の人には安いと言えるのではないでしょうか。

手数料の値下げ

手数料の値下げ

 

2018年1月からウェルスナビでは長期割が導入されました。

ウェルスナビへの入金額が50万円以上となった月から6ヶ月間出金がなかった場合、翌月から6ヶ月間の手数料を0.01%割引。(入金額が200万円以上の場合は0.02%割引)

ウェルスナビの利回りは?

ウェルスナビに興味がある方は、やはり気になるのがその「利回り」ではないでしょうか。

ウェルスナビの利回りが10%以上ある!という方もネットで検索していると出てきますが、実際はどうなんでしょうか?

では次に僕のウェルスナビの実績をご紹介します。

ウェルスナビの実績は?

ウェルスナビの実績を公開しています。

ウェルスナビ2018年2月末実績

ウェルスナビ実績

WealthNavi(ウェルスナビ)のポートフォリオ

ウェルスナビのポートフォリオ
現在の僕のウェルスナビのポートフォリオはこのような内訳となっています。

米国株(VTI)や日欧株(VEA)が中心となったポートフォリオになってますので、高利回りを目指すものとなっています。

WealthNaviの運用報告書とは?

WealthNaviからは年に2回「運用報告書」というものが届きます。過去半年の運用がどのような結果になったのかということを説明してくれるレポートです。

WealthNaviから2017年上期の運用報告書が届きましたでは実際に届いた運用報告書の中身が見れるので、参考にしてください。

ウェルスナビのリスク許容度は?

 

僕のウェルスナビのリスク許容度は5/5と一番リスクが高い運用を行なっています。

その理由としては、長期投資が前提なのでそれなりのリスク許容度があるからです。

ウェルスナビのメリット・デメリットは?

ウェルスナビのメリット

ロボアドバイザーなので、相場の乱高下に感情的にならなくて済む

大手企業からの出資を受けているから安心

ウェルスナビのデメリット

NISA口座に対応していない

WealthNaviはNISAの口座に対応してないので、運用益が出た時はその利益に対して20.315%もの税金が課税されます。

WealthNaviにはぜひともNISAに対応してもらいたいと個人的には思ってますが、皆さんはどうなんでしょうかね?

NISAについては、NISAのオススメ本でぜひ基礎知識をつけてください。

元本割れのリスクがある

WealthNaviも「投資」なので、元本は保証されていません。いくらロボアドバイザーが運用しているからといっても、元本割れがないようにすることはほぼ不可能です。

元本割れのリスクを減らしたい方は、長期投資として期間を長くしてリスクを減らすのが大事ですよ。

手数料が高い

手数料1%を高いと思うかどうかは上記の項目で述べたポイントです。ETFやインデックス投資信託の最近の信託報酬を考えた時は、高いと感じる人もいるでしょう。

最低投資金額で10万円必要

投資信託などは100年から投資を始めることができるようになっていますが、WealthNaviでは最低10万円が必要です。

ウェルスナビで確定申告は必要か?

ウェルスナビでは、特定口座(源泉徴収あり)を設定しておくと、ウェルスナビの方で税金の計算と納付をしてくれますので、確定申告は不要となります。

特定口座(源泉徴収なし)や一般口座を選んだ場合は、自分で確定申告する必要があります。確定申告の方法は別途説明したいと思います。

ウェルスナビ WealthNavi for SBI証券とは?

2016年の10月12日に、ウェルスナビとSBI証券とSBI銀行との業務提携が発表され、それまでウェルスナビで提供していたロボアドバイザーサービスを、SBI証券登録者にも利用できるようになりました。

SBIホールディングス社長の北尾さんの言葉も有名ですね。

「北米を含めて数々のロボアドバイザーを手掛けるスタートアップを精査してきたが、最も卓越した技術を持つ企業を日本で見つけられた

2016/11/2 日本経済新聞

ウェルスナビとの違いは?

ウェルスナビの方から登録を行うと、初回の最低投資金額が100万円ですが、ウェルスナビ for SBI証券からの申し込みだと、最低投資金額が30万円となります。

競合のロボアドバイザーシステムのTHEOは最低投資金額が10万円からなので、ウェルスナビ本体はそれと比較すると高額でした。しかし、SBI証券から申し込む場合は、かなりハードルが下がりましたね。

ウェルスナビ「WealthNavi for SBI証券」の開設方法

  1. SBI証券にログイン
  2. ホーム画面右側の「お取引・口座開設」から、「ロボットアドバイザー」の開設ボタンを押す
  3. 入力項目を入力する
  4. 口座開設までには2営業日ほどの時間がかかる場合がある

WealthNavi for SBI証券の登録には、投資信託口座開設などで要求されていた面倒な書類の送付が必要ありません。

上位のインターネット上の手続きだけで完了し、特定口座を選択すれば、税務申告の手続きも不要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です